どくだみ化粧品サンプル
どくだみ化粧水
どくだみ石鹸
どくだみ美容液
どくだみクリーム
乾燥どくだみ
檜の香
シースポンジ
カスタムオーダー
友絵工房アマゾン
麦心
店長よりごあいさつ
友絵工房
店長とその娘
いらっしゃいませ。ご注文・発送及び皆様のお問い合わせご対応全般を担当しています。自然派化粧品をはじめ、順次扱う商品を入れ替えていきますので、ぜひたびたびお立ち寄りいただければ嬉しいです。
ほぼ毎月1回頑張って配信中!
メルマガ登録・解除はこちら
営業カレンダー
4月のお休み
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
5月のお休み
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
6月のお休み
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ご利用可能な決済方法
発送料金のご案内
友絵工房からのお知らせ
ショッピングカートを見る
会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
商品検索

友絵工房オンラインショップ
【カラメルアフィリエイト】ブログで商品を紹介してポイントを貯めよう!
rss atom
信州大鹿村塩の温泉水石けん(ゆず粉末配合)
長野県大鹿村で湧き出る塩の温泉水を配合し、ゆず粉末と柑橘系のアロマオイルをトッピングしました。温泉気分と共に、ゆずや柑橘系の香りをぜひお楽しみください。

大鹿村の塩の温泉水とは?
大鹿村の鹿塩地区には、海水とほぼ同じ塩分濃度の塩水が湧き出ています。山深い里になぜ塩水が取れるのか、その原因は未だにわかっていませんが、塩の結晶はアメリカで取れる海水に近いものであり、地中深く眠っていたものが湧き出たのではないかと言われており、塩が湧き出る場所は、村を南北に貫く大断層「中央構造線」の東側に全て集中していることから、この地質がなんらかの原因になっているとも考えられていますが、これもまだ立証されるに至っていません。

また、伝説によれば、神代の昔、諏訪大社からこの地へ移り住んだ建御名方命(たてみなかたのみこと)が、大好きな鹿狩をしていた際、鹿が好んで舐める湧き水を調べたところ強い塩分を含んでいることを発見したと言われています。また、もう一説には、弘法大師がこの地を訪ね、山奥で塩の無い生活に苦労する村びとを憂いて杖を突いたところ、そこから塩水が湧き出たとも言われています。

そして現在では、この塩泉を利用した秘湯・鹿塩温泉へ四季を通じて全国から人が訪れています。鹿塩温泉は全部で二軒。いずれも塩川のせせらぎを聞きながら、ゆっくりくつろいでいただける秘湯です。

広告文責/友絵工房 森川 房代/0264-34-3534
メーカー/友絵工房 森川 房代/0264-34-3534
商品区分/日本製/化粧品
内容量/75g前後(手作りのため多少前後いたします)
成分/オリーブ油、ココナッツ油、パーム油、大鹿村温泉水、水、苛性ソーダ、ゆず粉末、香料(柑橘系精油)

・ 型番
S16
・ 定価
1,200円(税込)
・ 販売価格

1,200円(税込)

・ 在庫数
残り 3 個 です。
・ 購入数
・ 泡立てネット

クイック購入